React入門 React・Reduxの導入からサーバサイドレンダリングによるUXの向上まで

穴井 宏幸, 柴田 和祈, 石井 直矢, 三宮 肇
2018/2

4.0

Webアプリケーションを高速で動作させる Reactの概念からデプロイまでモダンWebアプリケーション開発の全体像がわかる 本書はWebアプリケーション開発で、 人気を博しているReactについて解説した書籍です。 ReactはFacebookがリリースしたJavaScriptのライブラリで、 Webアプリケーションをネイティブアプリケーションのように、 動作させるために開発されました。 インストールの解説から、 チュートリアルを通したコードの説明など、 Reactを用いた開発がはじめての方でも 安心して入門することができます。 また情報が少ないテストやデプロイ、 またUI/UXの適切な設定など実際の開発の現場で、 役立つ事柄についても詳しく説明しています。 また、最終章では、よりよいアプリケーションにするために サーバサイドレンダリングに関しても解説をしており、 パフォーマンスを改善することができます。 これから迅速なWebアプリケーションを作成する必要がある方や、 最新のフロントエンドの事情をくわしく知りたい方におすすめの一冊です。 【本書の特長】 ●Reactの基本から応用まで実践的に学べる ●Reactを扱うための概念や手法を学べる ●UI/UX・テスト・デプロイなど本格的にReactを学べる ※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。 ※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。 ※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。 ※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。 (翔泳社)


Latest reviews

Reactの入門として

skyloken

4.0

Why read?

Reactに興味があった。


Review

Reactの概念から、Reduxの考え方や導入、UI、テスト、実践アプリ、デプロイなど、基礎から発展まで体系的かつバランスよく学べる本だと感じた。
ただ、JavaScriptをある程度使えることを前提にしていると感じたり、エンジニア向けの説明の仕方だと感じる場面もあったため、完全な入門者向けではないとも感じた。

© 2019 Kenta Tanigaki